真実の湖II

世界最大級の電子機器の墓場、スラム街

「ガーナ・アグボグブロシー」

2009年、自ら経営する会社が倒産し、路上の画家になったMAGOは、

2017年6月 単身、世界の電子機器の墓場ガーナのスラム、アグボグブロシーへ訪問。

1日わずか500円の日当で先進国が捨てた電子機器を必死に燃やしながら、生きる彼らと出会った、

 

大量のガスを吸い、ガンになり30代で逝くと言われる彼らを犠牲にして、

 

我々が富を形成する事がそんなに大事か?

この真実を先進国に伝えたい、美術の力をもって。

MAGOはそう決意しました。

電化製品を燃やし中の金属を取り出す焼き場の若者
ゴミ山で生活するスラム街の子供達
有毒ガスが蔓延する電子ゴミの荒野にて
プラスチックの混ざった腐敗した玉ねぎを食べる牛たち。食用として加工され出荷される。
金属のワイヤーを売ってわずかばかりの収入を得る
ガスマスクなしでは息ができないほど

先進国不法投棄した廃材作られたアート

ガーナのスラム街をする、美術家MAGO作品是非、この映画予告編を見て下さい

転んで膝から血を流し泣く子がいたら、どんな子にもハンカチを渡すよね、

ガーナのスラム街で見つけた、真実

帰国後、スラムでさえ不必要な廃材アートを製作し

その代金で、2017年11月 2度目の訪問、ガスマスク250個を彼らに届けた。

彼らを癌から延命するため。

このスラム街をさらにアートで良くするとMAGOは彼らに誓った。

 

この誓いは奇跡を起こす。

2018年3月20日、銀座で行われた個展

「美術は人を救うためにある、ガーナのスラム街を訪れて」展では、

ガーナ作品が1点1500万円で売買される。

全ては彼らのために、この真実のが、

枯渇することのない、唯一無二の創造性をMAGOに授けた。

0064_2
日本から持参したガスマスクを付けた仲間たちと
スラム街の少年アビドゥー
Ghana's son 2018
going to be plastics,2019
マルコ,2018

アートの売り上げで

スラムに教育、文化、そして経済を。

これまで、アートを売ったお金で850個のガスマスクを彼らに届けた。

2018年には、スラム街初の学校MAGO ART AND STUDYを設立

今後50年、MAGOが死ぬまで無料を保証した学校です。

今日も子供達は英語、算数、アート、社会、環境問題について学んでいます。

 

そして2019年8月、アグボグブロシー5回目の訪問。

この街に文化を、新しい雇用を、そして新たな社会を、

スラム街初の文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立。

広大な敷地にギャラリーを構え30点の平面作品、屋外に20体の立体作品、20点の巨大壁画、

廃材で作られ焼き場にそびえ立つ、7mの「E-Waste Tree」

ペットボトルを再利用して作られた、平和のシンボル「月の塔」があります。

ここで得た収益は彼らに100%返還されます。

このスラムは世界最悪の場所としてメディアが訪れる場所です。

この美術館が全世界に配信され、1日でも早く問題解決されることを目指す。

DSC01151
スラム街初の文化施設「MAGO E-Waste Museum」前にて
DSC01270
DSC01209
DSC01158
DSC01156
ペットボトルを再利用して作った世界平和のシンボル「月の塔」
夜にライトアップされた「月の塔」
電子廃棄物で作られた焼き場にそびえ立つ7mの「E-Waste Tree」
スラム街初の学校「MAGO ART AND STUDY」前にて
MAGO ART AND STUDYの子供たち

ハリウッド、ドキュメンタリー映画

Still A Black Star

クラウドファンディング歴代1位達成!

ハリウッド、エミー賞受賞監督カーン・コンウィザー氏とともに、

この活動を記録したドキュメンタリー映画「Still A Black Star」を製作しています。

「ガーナの真実を世界に公開したい。このまだ黒い星を輝かせたい!」

2019年2月、ロサンゼルスで行われた個展

[Still A Black Star -Sustainable​ Capitalism-]展

にてMAGOはそう監督に懇願した。

その半年後、MAGOはカーン監督と共にアグボグブロシーへ。

この作品では沢山の真実を見る事ができます。

資本主義、環境破壊の真実、人種を超えた真実の愛、アートがなぜこの世の中に必要か?

そんな中、映画製作のためのクラウドファンディングでは、

395人の支援、内150点絵画を販売し、目標を上回る支援金3130万円を調達。

これは同時にCAMPFIRE映画部門歴代1位をも記録。

ハリウッド映画化決定!

CAMPFIREクラウドファンディング映画部門歴代1位達成!
"Still A Black Star"teaser
"Still A Black Star"teaser
"Still A Black Star"teaser
"Still A Black Star "title
ハリウッド撮影クルーと

人も地球も幸せにする方程式

サスティナブル・キャピタリズム

-持続可能な資本主義-とは?

MAGOは「サスティナブル・キャピタリズム 持続可能な資本主義」を掲げて活動しています。

「サスティナブル・キャピタリズム」とは?

これは「文化」「経済」「社会貢献」この3つの歯車が持続的に回る形態をさす、

CSV(Creating Shared Value)現地のみんなと価値を共有しながら経済発展するという概念で、

 

ガーナ作品所有すればするほど、現地のゴミが減り、

経済に貢献し、文化性も高まる、

そして同時に、世界中にこの問題のメッセージが広がる。

 

さらに、こうした活動を経てMAGOの画家としての評価が高まれば、

皆様が買ったアート作品の価値は購入時の100倍になることも不可能ではありません。

昔彼がNYの路上で300ドルで売っていた絵画は、今コレクターの間で300万円で取引されています。

 

購入したアート作品はお金を消費したのではなく、

皆様がお金で持たれている資産をアートに置き換えただけなのです。

ガーナ作品の所有=

文化「アート作品を所有する」

経済「作品の価値上昇への投資」

社会貢献「スラム街を発展させる。」

これがサスティナブル・キャピタリズムの精神です。

昔は美術家がタブーとされていた経済活動をMAGOは積極的に取り入れています。

 

このアート販売で得た資金をもとに、ハリウッド映画に投資。

成功すれば皆様の持っている絵画の価値が高まります。

買ってくれた人も、現地の人も、地球も喜ぶ。

文化、経済、環境全てが動く、これが真のサスティナブル。

MAGOはさらに得たアート資金で、将来彼らに最先端のリサイクル工場をプレゼントしたいと考える。

 

下記に続く

サスティナブル・キャピタリズム
相対性理論
プラスチック化する青年,2019
ABIDU ON THE GROUND,2019
真実の泉II,2019
Law of conservation of mass,2019
A girl,2019
自費出版の冒険記「Still A Black Star」
スラム街の子供達が描いた作品

サステイナブル・キャピタリズム最終章​、

「アートで100億円を集め彼らにプレゼントしたい。」

​MAGO「2030年までに100億円以上を集め、スラムの彼らに最先端のリサイクル工場を彼らにプレゼントしたい、

今後、僕の活動が世界に知れて電子機器のゴミが届かなくなったら、彼らの仕事はどうなるのでしょう?

ならば、この世界中からゴミが集まるネットワークはそのままに、

このスラムの労働者を工場に再雇用し、この世界最悪の電子機器墓場の街を

公害ゼロのサスティナブルタウンへと、アートの力で変えたい、絶対にこの目標をアートで達成したい!

 

そしてこの工場が設立できれば、僕のアート達は絶対に美術館に行きます。

 

そして、50年後。未来の子どもたちが僕のアートを見て笑うんです。

『こんな野蛮な時代があったんだな、石油を使ってモノを作って、そのまま捨ててたのかよ』と。

未来の彼らに笑われなければ、もうその頃には地球に我々人間は存在できません。

 

このペースでいけば、100億円集めるのに、50年で達成できそうですが、

それじゃ手遅れ、あと10年のうちに達成しなければ地球滅亡……なんです。

ですので、サスティナブル・キャピタリズム論を、2030年最終章と設定しました。

よって僕のガーナ作品は10年内に作れなくなります。

最先端の工場ができれば、現地からゴミがなくなるからです。

ほら「作品の価値が一番上がるのは作家が死んだ時」とよく言うじゃないですか?

僕のガーナ作品は2030年に死にます。

僕がアートを作れば作るほど世界に作品が行き渡り、工場ができゴミ山は解消、

すると僕のアートは死に、その価値は相対的に高まる。

これら問題解決のため僕はガーナ作品を描いているのです。

 

バンクシーのような問題定義型アーティストではありません。

僕は唯一無二の問題解決型アーティストです。

 

だからこのスラムの抱える社会問題を解決すためにもハリウッド映画に投資したのです。

そしてこのスラム街にリサイクル工場をプレゼントするための前人未到の巨額投資をアートでしたい。

やがてガーナ作品を作ることが出来なくなる、最高のゴールを目指して。​」

世界平和の空気清浄機

地球というキャンバスに世界平和を描く

皆さんへ、ここまで読んでくださって、誠にありがとうございました。

ここまで理解してくれた上でぜひMAGOの作品を手にとって頂きたいと思っています。

MAGOの画家としての最終目標はアートで世界を平和にすること。

彼は本気でそれを実現しようとしています。

そんなMAGOは世界平和のアイコンを「満月」と設定しました、

ガーナスラムの問題解決は、将来の世界平和への架け橋になる。

ぜひ皆さんの資産の少しをMAGOのアートに置き換えてみて下さい。

皆さんの愛の蓄積が現地へのリサイクル工場建設へ繋がります。

「世界が美しくなければ 人も美しく人生を歩めない そのために美術は 美しい術で 我々を平和へ導く」

美術家 長坂真護

CAMPFIREクラウドファンディング映画部門歴代1位達成!