NAGASAKA MAGO
長坂 真護

MAGO CREATION株式会社 代表取締役美術家
MAGO Art & Study Institute Founder


1984年生まれ。2009年、自ら経営する会社が倒産し路上の画家に。2017年6月“世界最大級の電子機器の墓場”と言われるガーナのスラム街“アグボグブロシー”を訪れ、先進国が捨てた電子機器を燃やすことで生計を立てる人々と出会う。アートの力を使って、“我々先進国の豊かな生活は、このスラム街の人々の犠牲のもとに成り立っているという真実”を先進国に伝えることを決意。「サスティナブル・キャピタリズム」を提唱し、これまでに1000個以上のガスマスクをガーナに届け、2018年にはスラム街初の学校『MAGO ART AND STUDY』を設立。2019年8月アグボグブロシー5回目の訪問で53日間滞在し、彼らの新しい希望と生活のために、スラム街初の文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立した。この軌跡をエミー賞授賞監督カーン・コンウィザーが追い、ドキュメンタリー映画“Still A Black Star ”を制作し、アメリカのドキュメンタリー映画アワードImpact Docs Awardで優秀賞4部門受賞。現在、公開へ向けて準備中。

プロフィール写真.jpg

2016年
アグボグブロシーとの出会い

見渡す限りのゴミ山で、両手いっぱいにゴミを抱える1人の少女の報道写真を偶然見かける。これをきっかけに、世界最大級の電子廃棄物の墓場、ガーナのスラム街「アグボグブロシー」を知る。

アグボグブロシーのゴミ山で暮らす子供たち.jpg

2017年
単独、ガーナへ

実際にアグボグブロシーに赴く。日本を含む先進国が捨てた電子機器を燃やし、有毒ガスを吸いながら、1日わずか500円で生きるスラム街の若者たちの存在を知り、衝撃を受ける。この不条理な現実をアートで変えることを決意。

電化製品を燃やし中の金属を取り出す焼き場の若者.jpg

2018年
売れたアートのお金を現地へ、CSVの構築

帰国後、スラム街の人々をモチーフに描いた作品が1500万円で売れる。これを機に、これまで850個のガスマスクを届け、さらに現地に完全無料の学校を建設する。

%E3%80%8CMAGO%20ART%20AND%20STUDY%E3%80%8D%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%A6_edited.jpg

2019年
スラム街初めての文化施設を設立

現地で新たな経済、社会を創出するため、スラム街初の文化施設「MAGO E-Waste Museum」を設立。この美術館設立までの2ヶ月半を、ハリウッドエミー賞受賞監督カーン率いる映画クルーと共に過ごし、ドキュメンタリー映画の撮影を行う。

スラム街初の文化施設「MAGO E-Waste Museum」前にて.jpg

2020年
クラウドファンディング歴代1位達成!

自身の活動を伝えるドキュメンタリー映画“Still A Black Star”の製作費をクラウドファンディングで募り、3,000万円を超える資金を集める。CAMPFIRE映画部門歴代1位を獲得。

スクリーンショット 2020-04-13 1.41.28.png

2030年
スラム街にリサイクル工場の建設を目指す

目標は2030年までに100億円以上集め、現地に最先端のリサイクル工場を建設すること。世界最悪のスラム街を、公害ゼロのサスティナブルタウンへと変貌させる。

真実の湖II.jpg

Photo by Fukuda Hideyo